ようこそ ゲスト さん

商品詳細

画像クリックで拡大します
M5STACK-FIRE
M5Stack FIRE
BasicやGrayよりもM5GOに近い仕様です。
M5GOと比較すると、PSRAMが追加され、9DoFのセンサが変わっています。
M5GO IoTスターターキットに付属していたモジュール類は付属しません。


※PSRAMについて
メーカーによると、GROVEモジュール用のシリアル通信(Cポート)とコンフリクトするためPSRAMは初期状態では利用ができず、Bottom側のg16/17ピンをカットしていただくことで利用可能になる、とのことです。
上記の方法の他、240Ωから1kΩの抵抗をUART通信ピンとGNDの間に追加することで、ピンのカットを行わず、PSRAMを有効にすることが可能です。


M5GO CHG BASEという充電用ドックが付属します。


利用方法
パワーボタンを一度押すと起動します。動作中に一度押すと再起動、すばやく二度押すと電源が切れます。
初回起動時はまずSetupを選択し、Wi-Fi環境のセットアップを行ってください。
その後M5Stackが再起動するのでGuideを選択し、最後のQRコードをスマホで読み込むことでスマホからビジュアルプログラミングが可能です(従来どおりArduinoやMicroPythonでも開発は可能です)。


本体仕様

・搭載チップ:ESP32
・Flash:16M Flash + 4M PSRAM
・入力:5 V@500 mA(USB経由)
・インタフェース:
1 x USB Type C
3 x GROVE(Aポート:I2C、Bポート:I/O、Cポート:UART)
1 x ポゴピン
・LCD:2インチ、320 x 240 カラーTFT LCD
・スピーカー、マイク、10 x RGB LED、MPU6050(三軸加速度センサ・三軸ジャイロセンサ)、MAG3110(三軸デジタル磁力センサ)、microSDカードスロット(16 GBまで)、550 mAhバッテリー搭載
・動作温度:0℃~40℃
・サイズ:54 x 54 x 21 mm
・重さ:56 g
・ケース:プラスチック


内容物

・M5Stack Fire 本体 1個
・M5GO BASE(本体にネジ止めされてます) 1個
・M5GO CHG BASE(M5GO BASEにくっついています) 1個
・USB2.0ケーブル(A-Type Cタイプ) 1個

在庫拠点
秋葉原
大阪
【数量1個〜】単価 ¥6300 購入数:
管理コード:EEHD-5AWP



データベースシステム開発