商品詳細

画像クリックで拡大します
浅草ギ研 BLESerial3
BLEモジュール
Bluetooth Low Enargy (Bluetooth4.0 Smart)のシリアル通信モジュール。

~メーカーサイト紹介文~

<概要>

■Bluetooth Low Enargy (Bluetooth4.0 Smart)
Bluetooth Low Energy(Bluetooth4.0、以下BLE)の無線モジュール。このモジュールを使い、スマートフォンとマイコンボードなどを無線で接続することができます。

■ID切り替え16種類
本装置は基板上のジャンパ設定でSSIDを物理的に16種類に変更することができ、狭い範囲で複数の測定を行うことができます。BLEの個別識別はたとえばMACアドレス(BLE装置は個別に6バイトの値が割り振られている)で判断するなどもありますが、たとえばiOSの場合はMACアドレスをアプリに渡さないなどありますので、SSIDでの個体識別が確実な方法となります。

■iPhoneとの通信
従来は、Bluetooth2.xや3.x、有線通信で外部機器をiPoneをつなぐ場合は、Apple社とMFi契約を結ぶ必要がありましたが、BLEからはこの契約は不要になりました。iPhoneでBLEに対応しているのはiPhone4S以上になります。よって、このモジュールはiPhone4S以上のiPhone端末であれば、自由に外部機器を作ることが可能となります。

■Androidとの通信
2013年8月からAndroidOSでもBLEの正式サポートが決まり、BLEを使える端末が出てきました。AndroidOSでも今後BLEが普及すると思われます。

■独自のシリアルポートサービススタック
GATTプロファイル搭載で、スマートフォンなどからWriteすると本製品のUARTからデータが出力され、本製品のUARTにデータを送るとスマートフォンなどにNortifyされます。詳しい使い方は下のサンプルプログラムの節を参照願います。

■3.3VのUARTインターフェイス
インターフェイスは一般的なLVTTLレベル(3.3V)の非同期シリアル通信なので、3.3Vで動作するマイコンと接続することが可能。


■日本国内の電波法に準拠
無線装置を使用する場合はその国の法律に基づいて使う必要があり、日本国内の場合は技術基準適合証明及び認証を受けていない無線機を使うことはできません。本モジュールは日本国内の技術基準適合証明及び認証(通称TELEC)を受けており、安心して使うことができます。

■旧バージョンとの違い
動作電圧が5Vから3.3Vへ変更。1パケットのデータが20バイトまでに増えた。SSIDが切り替え可能に。大きさが若干大きくなりました。
【数量1個~】 単価 ¥4320 購入数:
管理コード:EEHD-4ZNA