商品詳細

画像クリックで拡大します
【2620】ESPr One(Arduino Uno同一形状 ESP-WROOM-02開発ボード) 旧製品名:ESP-WROOM-02 Arduino互換ボード
ESP8266EX搭載ESP-WROOM-02 Wi-FiモジュールをArduino互換の基板に搭載したボードです。
ESP-WROOM-02のGPIOはArduino程多くありませんので、重複して割り当てられているピンがあります。
アナログ入力ピンはA0の1本のみです。
そのため基板形状はArduino互換ですが、シールドの種類によっては動作しないものがありますのでご注意ください。

入出力ピンの電圧は3.3 Vです。


■ 仕様

電源
DCジャック:DC7~12 V
USB:DC5 V
動作電圧:3.3 V
ESP-WROOM-02の特徴
IEEE 802.11b/g/n に対応(2.4 GHz)
低消費電力の32 bit MCUを搭載
10 bitA/Dコンバータを搭載
TCP/IPのプロトコルスタックを搭載
(H)SPI、UART、I2C、I2S、IrDA、PWM、GPIOなどさまざまなインターフェースを搭載
ディープスリープモード時10 uA未満、電源オフ時5 uA未満
起動からパケット送信まで2 ms未満
スタンバイ時消費電力 1 mW未満(DTIM3)
+20 dBm出力(802.11b使用時)
-40℃~125℃
FCC、CE、工事設計認証取得済
USB : MicroUSB
FT231XS搭載
リセットスイッチ、動作モード切替スイッチ搭載
LED1 : ArduinoのD13のLEDと同じように使えます。本ボードではデジタル14番ピンに割り当てられています。
ユニバーサルエリア
7 x 11 (2.54 mmピッチ)
ショートジャンパ
SJ1:D8ピンをRESETピンとして使用。
SCL: SCLピンをGPIO5もしくは14に割り当て(初期5)
SDA: SDAピンをGPIO4もしくは2に割り当て(初期4)
ボタン : プログラム書き込み、実行の手動切替に使用。Arduino IDEで書き込みを行う場合はボタン操作は必要ありません。詳細はこちら。
リセットボタン(RST)
モード切替ボタン(MODE):ボタンを押している間はGPIO0がLOWになります。
旧製品名:ESP-WROOM-02 Arduino互換ボード
2016年6月9日より「ESP-WROOM-02開発ボード」シリーズを「ESPr Developer(エスパーデベロッパー)」という名称に変更しました。
【数量1個~】 単価 ¥2980 購入数:
管理コード:EEHD-4W6V